【HOUSEEEE】埼玉で夢の注文住宅・デザイナーズハウスを建てよう!

home > 注文住宅情報 > さいたま県内における注文住宅事情

さいたま県内における注文住宅事情

 東京のような大都会に住む人の多くは、一軒家住宅に住むことを諦め、高層マンションを購入するなどの方法を選択する人が増えています。そこには大手企業でも大幅に分譲する良い土地が少なくなっていることもあり、住宅に魅力を感じなくなって来ているのかも知れません。
 しかしこれがお隣、さいたまになると住宅事情も大きく変わり、マンション希望よりも、一軒家住宅に住みたと考える人も多いのが現実です。その一軒家住宅においても、建売住宅を選ぶより注文住宅を選ぶ人が増えています。まず大きな理由となっているのが、ローコストでも注文住宅が出来るようになり、今まで高いと言う常識を打ち破ったことがあります。耐震、気密、更に形状なども、自由になることから、世界でひとつだけの住宅が誕生することになります。内装も外装も、好みが活かされることになり、住みたい住宅に住める喜びが出て来ると言われます。


 住まいの価値とさいたまの注文住宅

 マイホームを取得する場合にただ住みやすい住宅を取得するということだけでは、これからの社会では土地や建物を有効に利用することはできません。将来の自分が取得するマイホームの価値も理解して、できるだけ高い価値を持たせることができるように購入しないといけないということになります。ポイントとしては需要が将来に渡ってあるリッチかどうかです。その場合候補に挙がるのが首都圏です。今もこれからも地方から人が流入していくと誰もが予想できるからです。
 マイホーム取得では、立地が非常に重要になります。その候補地としてはさいたまは非常に魅力的です。東京のベッドタウンとして昔から人口が増える宿命の地域のひとつだからです。将来に渡り需要があるということになります。東京が不動産価格が上がりすぎている今は、立地としてもちょうどよいところです。注文住宅を得るにも最適です。


 建売住宅とさいたまの注文住宅のメリット

 マイホームを取得するということでは住みやすさとマイホーム自体の価値のバランスが重要になります。マイホームでも一戸建て住宅とマンションなどがありますが、一戸建て住宅を購入できる条件ということであれば、さいたまの注文住宅も魅力があります。立地の面から見ても、将来も価値が下がることはないでしょうし、需要もあります。そして東京などへの通勤圏内ということも重要な条件です。
 そして一戸建て住宅ということでは建売住宅と注文住宅がありますが、やはり住みやすさも考えると住む人に希望が取り入れやすい注文住宅に魅力があります。経費削減のために決まった形の住まいということでの建売住宅は、できるだけ安く購入したいという人向けです。そうなると満足感を犠牲にして購入することになります。一生に1度のマイホームの取得では、できるだけ満足できる住まいを取得したいということになります。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る